宮城のニュース

<特殊詐欺>仙台の女性 250万円被害

 仙台南署は11日、仙台市太白区の無職女性(66)が特殊詐欺で現金250万円をだまし取られたと発表した。同署によると8日夕ごろ、息子を名乗る男から「喉が炎症を起こした。携帯を修理に出し代替を借りた」と電話があり、翌9日朝にも「体調不良は借金の心労による。250万円を上野駅まで持ってきてほしい」などと電話があった。女性は東京都台東区の上野駅近くに出向き、息子の代理人として現れた別の男に現金を手渡した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月12日金曜日


先頭に戻る