宮城のニュース

<仙台六大学野球チーム紹介>東北工大/投打の底上げ図る

(注)部長、監督名の後のかっこ内は最終学歴。選手名の後は順に学年、身長(センチ)、体重(キロ)、投打で、かっこ内は出身校。◎は主将

 仙台六大学野球春季リーグ(仙台六大学野球連盟、東北放送、河北新報社主催)は13日、仙台市の東北福祉大球場で開幕する。全日本大学野球選手権(6月10〜16日、東京・神宮球場ほか)の出場権を懸けて優勝を争う各チームを紹介する。

 昨春は2004年以来のAクラス入りとなったが、秋は好調を維持できず4位に終わった。今季からプロでの指導経験も豊かな元プロ野球ロッテの佐々木ヘッドコーチがベンチ入りする。投打共にレベルアップを図った。
 打線は冬場にロングティーでバットを振り込み、遠くへ飛ばす力を付けた。昨季出場経験を積んだ選手が多いのが強み。上位の後藤や庄司は出塁率が高く、中軸の久保京は巧打が持ち味で、佐藤寿はパンチ力がある。
 投手陣は主戦佐藤洸に続く選手の台頭が待たれる。重い直球が武器の土田や制球力が高い左腕桜井、救援起用が多い右下手投げの阿部に期待したい。継投も鍵になりそうだ。2年の佐藤瑞は内野手登録だが、宮城・東陵高時代は投手としての実績もある。今季は二刀流としての起用も期待される。
 小幡監督は「選手たちの今年に懸ける思いは強い。果敢な盗塁やフルスイングなど、失敗を恐れず思い切ったプレーをさせたい」と話した。

<好調打線に自信/水間主将の話>
 野手に調子のいい選手が多く、投手が崩れてもカバーできる自信がある。一戦必勝で、最低でも3位以内を目指して戦いたい。


2019年04月12日金曜日


先頭に戻る