宮城のニュース

<仙台六大学野球チーム紹介>仙台大/戦力刷新巻き返す

(注)部長、監督名の後のかっこ内は最終学歴。選手名の後は順に学年、身長(センチ)、体重(キロ)、投打で、かっこ内は出身校。◎は主将

 仙台六大学野球春季リーグ(仙台六大学野球連盟、東北放送、河北新報社主催)は13日、仙台市の東北福祉大球場で開幕する。全日本大学野球選手権(6月10〜16日、東京・神宮球場ほか)の出場権を懸けて優勝を争う各チームを紹介する。

 新チームになって主将の柏尾や正捕手の辻本、打撃2冠の主砲鳥井らレギュラー6人が抜けた。打線と守備を再構築して昨秋3位からの巻き返しを図る。
 長打力のある4年上原が野手のキーマンになる。昨秋は右翼の定位置をつかみ、打率も3割超と急成長を見せて鳥井に次ぐ存在だった。3年の今津は器用さが売りの好打者。春を前に調子を上げている。走攻守三拍子そろった佐野にも期待がかかる。
 投手陣は昨春開幕投手を務めた稲毛田、抑え経験のある宇田川の右腕2枚と、大関、小林の左腕2枚がおりバランスがいい。いずれも直球に力があり、長いイニングを投げるスタミナもある。守りは郡、柏尾が抜けた後の二遊間が固定できていないことに懸念が残る。
 森本監督は「主力が多く抜けたことを前向きに捉えたい。レギュラー争いが激しくなり、チームが活性化した。取るべきアウトを確実に取り、普段通りのプレーを貫いて勝利を重ねていきたい」と話す。

<守る野球で勝つ/村井主将の話>
 堅実な守りが今年の武器。目の前の試合をロースコアでもいいのでしっかり勝っていき、全日本大学野球選手権の出場権を手にしたい。


2019年04月12日金曜日


先頭に戻る