秋田のニュース

<だるま祭り>大小さまざま1万個ずらり 秋田市の星辻神社

「だるま祭り」に並んだだるま

 無病息災や商売繁盛を願う「だるま祭り」が12日、秋田市大町の星辻神社で始まった。拝殿に8〜85センチまでの大きさのだるま約1万個が並び、地域住民らが神社の外まで長蛇の列を作りだるまを買い求めた。13日まで。
 両目が黒く塗られた守り本願用、片目か両目が白いままの願掛け用、受験生の合格祈願用の黄色の「合格だるま」を用意した。1個100〜5万円。
 星辻神社のだるまは「火伏せだるま」とも呼ばれ、祭り期間中に雨が降れば、その年は市内で大きな火事が起きないと言い伝えられている。


関連ページ: 秋田 社会

2019年04月12日金曜日


先頭に戻る