宮城のニュース

シェアオフィス+貸倉庫 仙台・丸山運送が複合施設開設

個人が利用できるデスクやソファなどを配したシェアオフィス

 シェアオフィスや貸倉庫、大会議室などを備えた複合型施設「STUDIO(スタジオ)080」が仙台市宮城野区苦竹にオープンした。運営は総合物流の丸山運送(宮城野区)。商品在庫などの保管が同じ建物内でできるシェアオフィスは珍しく、物流企業ならではのネットワークを生かし、起業家らをバックアップする。
 元印刷工場のビル(鉄骨3階、延べ床面積約4000平方メートル)を改装した。2階に1人用の固定デスク12席、月決めや時間貸しなどで利用できる共用デスク14席のワークスペース、200人収容の大会議室などがあり、1階に0.8〜5.1平方メートルの貸倉庫63区画を設けた。区画をつなげて使うこともできる。
 両階にある8〜29平方メートルのレンタルオフィス全6室は既に入居者が決まり、今後は増設を予定する。他に通常の不動産契約が必要な賃貸オフィスが3室ある。
 丸山運送は仙台港近くの本社が東日本大震災の津波で大きな被害を受け、内陸部のバックアップオフィスとしてビルを取得し、通信設備などを移管した。事業の多角化を図る中、空きスペースを活用して物流や企業同士のマッチングで新たに生まれるビジネスをサポートしようと、施設の開設を決めた。
 レンタルオフィスの入居者は、フラワーアーティストや自動車パーツの輸出入業者など幅広い。スタジオのコミュニティーマネジャー栃山剛さん(35)は「企業の成長過程でハードルになる物流や商品管理の問題も、オフィスと倉庫が近ければ解決しやすい。国内外の企業との接点を生かし、マッチングにも力を入れたい」と話す。
 利用料・管理費は固定デスクが月2万2000円、フリースペース会員が1万1000円。フリースペースは2時間500円、1日1500円で利用することもできる。貸倉庫は1980円から。連絡先は022(355)8108。


関連ページ: 宮城 経済

2019年04月13日土曜日


先頭に戻る