宮城のニュース

東北最大級ゲストハウスきょう仙台にオープン 24室・85人宿泊可、地域住民との交流拠点にも

宿泊だけでなく、住民との交流拠点としても活用できるゲストハウス

 仙台市太白区門前町にゲストハウス「ホットイン仙台長町」が13日、オープンする。学生寮だった施設を改修し、ゲストハウスとしては東北最大級の24室に最大85人が宿泊できる。運営会社は訪日外国人旅行者(インバウンド)の増加を見据え、地域住民との交流拠点としても活用していく考えだ。
 鉄筋4階と3階の2棟を組み合わせた施設は延べ床面積1165平方メートル。最大8人が泊まれる相部屋のドミトリーが10室、和室を含む個室が14室がある。女性専用の部屋やシャワールームも備える。1階の交流スペースには大きなソファや机を置き、共同キッチンを隣に設けた。
 不動産業「いぶきエステート」(青葉区)が、インバウンドに対応する低料金の宿泊施設需要を見込んで企画、運営。今後は茶話会やヨガ教室を通じて、地域住民と交流する機会をつくることを検討する。
 ゲストハウスの山田義彦マネージャー(53)は「旅行者と地元の人とをつなぐ場所にしていきたい」と話す。1泊2600円から。連絡先は022(399)8851。


関連ページ: 宮城 経済

2019年04月13日土曜日


先頭に戻る