宮城のニュース

<宮城県警>年2回採用開始 来月第1回試験、今月19日まで募集

 宮城県警は本年度から警察官採用試験を年2回とし、5月に行う第1回試験の申し込み受け付けを始めた。今回で全体の約8割を採用する予定で、県警の採用担当者は「1回目は採用枠が大きい。ぜひ受験を」と呼び掛けている。
 試験は5月12日に実施し、一般、武道指導で男女計約60人を選ぶ。3月下旬から受験者を募集し、今月12日現在245人が申し込んだ。受け付けは19日まで。
 県警は、大学生らが民間企業の就職活動をする時期に合わせ、試験日程を設定した。締め切り1週間前の応募者は、9月に年1回のみ試験を行った昨年度と比べ約1割少ないという。
 18年度の県警採用試験受験者は767人(競争倍率4.8倍)。ピークだった10年度の2036人(10.7倍)と比べ4割程度に減った。少子化や民間企業の求人増、働き方の多様化が背景にあるとみられる。
 約10人を採用する第2回試験は9月実施で、7〜8月に受験者を募る。連絡先はフリーダイヤル(0120)204606。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月13日土曜日


先頭に戻る