宮城のニュース

<楽天>美馬、先発陣最長の8回無失点

美馬学

 東北楽天の美馬が今季の先発陣で最長の8回を投げ5安打無失点と好投した。無四球で計89球とテンポ良く相手打線を封じ「中継ぎがずっと投げ続けていたので、少ない球数で長い回を投げられた。自分の仕事はできた」と額の汗を拭った。
 直球の伸び、変化球の精度ともに申し分なく、簡単にストライクを取った。特にアクセントになったカーブは「勝負球でもカウント球でも使えた」。一発のある2番今宮から6番松田宣まで打者5人を完璧に抑え、主導権を渡さなかった。
 八回に判定を不服とした足立が原球審に詰め寄った場面には「気持ちを込めてくれたことがうれしかった。最後は三振で足立の気持ちに応えられた」と振り返った。


2019年04月14日日曜日


先頭に戻る