宮城のニュース

<B2仙台>終盤に攻撃が機能 群馬に雪辱

 14日、前橋市のヤマト市民体育館前橋などで行われ、東地区2位の仙台は地区優勝を決めている群馬に97−86で勝った。通算成績は38勝20敗。
 東地区4位福島は5位山形を104−77で下した。6位青森は3位茨城に74−71で勝利。
 西地区2位の島根は愛媛に84−68で勝って42勝目(16敗)を挙げ、全地区を通じて勝率4位以内を確定させてプレーオフ進出を決めた。
 20、21日の最終節は、仙台−青森、茨城−福島、山形−群馬がある。

◎後半にミスが減る

仙台(38勝20敗) 97/24―20/86 群馬(42勝16敗)
              20―23
              23―24
              30―19
▽観衆 1655人(前橋)

 仙台は終盤に攻撃が機能して群馬に一矢を報いた。67−67で迎えた第4クオーター、月野の3点シュートなどで突き放した。後半はターンオーバーがわずか2。ミスが減ったことも大きかった。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2019年04月16日火曜日


先頭に戻る