宮城のニュース

<大衡村議選>現元新の12人無投票当選 1959年以降初

 任期満了に伴う宮城県大衡村議選は16日、告示された。定数は今回から2減の12となり、いずれも無所属の現職9、元議員1、新人2の計12人が立候補を届け出た。定数と同数のため、全員の無投票当選が決まった。任期は26日から4年間。
 村選管によると、記録に残る1959年以降で村議選の無投票は初めて。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年04月17日水曜日


先頭に戻る