宮城のニュース

新時代に純金の輝き 仙台の貴金属店、38万円かぶと展示

「勝虫」であるトンボをあしらった純金かぶと

 田中貴金属ジュエリー(東京)は端午の節句を前に、純金製かぶと「勝虫」(38万2900円)を仙台市青葉区の仙台店で展示、販売している。5月5日まで。
 幅約4.5センチ、高さ約4センチと小ぶりなサイズは集合住宅でも飾りやすく、玄関やリビングに飾る人が多いという。ひさしや吹き返しには「勝虫」と呼ばれるトンボをあしらった。「前にしか進まないトンボのように、まっすぐ育ってほしい」との願いを込めた。
 縦約8センチ、横約5センチの「純金1グラムカレンダー」(1万5000円)も販売。二つの元号が重なる特別な年のため、例年より問い合わせが多いという。「新しい時代への期待を込めたデザインにした」と松尾知子店長(50)は話す。
 連絡先は仙台店022(265)4130。


関連ページ: 宮城 経済

2019年04月17日水曜日


先頭に戻る