宮城のニュース

ぽかぽか陽気 初夏が一気に 仙台でスイセン見頃

陽気に誘われ花開いたスイセンの花=16日午前11時30分ごろ

 高気圧に覆われて晴れた16日の宮城県内は、仙台で5月中旬並みの最高気温19.1度を記録するなど、初夏を思わせる陽気となった。仙台市青葉区の西公園では、鮮やかなスイセンが一気に花開いた。
 スイセンが見頃を迎えたのは、「花の歩話人(ほわっと)ロード西公園」と名付けられた約250メートルの小道。市民グループ「西公園を遊ぼうプロジェクト」がボランティアを募るなどし、今年初めて植えた約1万株が咲いた。
 青葉区の千田絵理さん(30)は長女の真弓ちゃん(1)と訪れた。「桜と一緒に楽しめた。娘も間近でお花見ができてうれしそう」と笑顔で語った。
 18日には満開のスイセンを見ながらお茶会が開催される。お茶は抹茶と煎茶で菓子が付き、一服300円、両方で500円。午前10時半から正午まで。
 連絡先は西公園を遊ぼうプロジェクト022(262)2969。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月17日水曜日


先頭に戻る