山形のニュース

上山市選管「選挙七つ道具」交付ミス 第一声が数十分遅れる

 14日に告示された山形県上山市の市長選と市議選で、市選管は16日、市長選、市議選の各1陣営に対し、選挙事務所の標札や腕章などの「選挙七つ道具」を取り違えて交付するミスがあったと発表した。
 選管によると、14日の立候補届け出受け付けの際、市長選の候補者1人に市議選用を、市議選の候補者1人に市長選用を交付していた。市議選候補者陣営の指摘で発覚した。
 職員らが13日にリハーサルを行った後、戻す場所を間違え、14日の交付の際にも担当者が十分確認しなかった。この影響で、両陣営の第一声が数十分遅れたという。


関連ページ: 山形 政治・行政

2019年04月17日水曜日


先頭に戻る