宮城のニュース

<宮城・市町村予算>柴田町/防災マップ全世帯へ

 一般会計は117億2989万円で、前年度当初と比べて0.8%減った。2001年度から継続している町営住宅整備が最終段階となり、大きな比重を占めていた投資的経費が減少したのが主な要因。
 減災対応として新たな防災マップを作り、町内全約1万7000世帯に配布する。阿武隈急行東船岡駅を起点に都市計画道路を延長し、都市・居住機能を集積する基本計画を作成する。
 障害児通園施設のむつみ学園の運営を民間に委託する。適切な教育指導を行うため、町独自で全小中9校を対象に学力テストを実施する。
 歳入は町税が0.2%増の42億3376万円、地方交付税が2.2%増の24億6250万円をそれぞれ見込む。

 主な事業(単位・万円)
◇町営住宅建設          53,385
◇防災マップ作成業務委託料      580
◇都市計画マスタープラン      2,530
◇むつみ学園運営業務委託料     2,959
◇学力調査委託料           661


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年04月18日木曜日


先頭に戻る