宮城のニュース

<亘理・中2自殺>町教委、学校側の対応は「調査中」 保護者説明会

 宮城県亘理町吉田中2年の男子生徒(14)が今年3月に自殺した問題で、亘理町教委は17日、同中で臨時の保護者説明会を開いた。学校側の対応に問題があったかどうかは「調査中」とし、詳しい説明はなかった。男子生徒の両親も出席した。
 町教委によると、岩城敏夫教育長が男子生徒が亡くなった事実を伝えた。担当者は、遺族から県教委に真相究明のための第三者委員会設置を求める要望書が提出されたことを報告した。
 男子生徒の父親(52)によると、教員による不適切な言動の有無や男子生徒へのケアの内容などについて父親が何度も質問したが、町教委は「調査中」と繰り返すだけだったという。
 説明会は非公開で約45分間行われ、保護者約60人が出席した。保護者からは生徒の心のケアを求める意見が出た。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月18日木曜日


先頭に戻る