宮城のニュース

<楽天>無死満塁のピンチで登板の松井 後続断ち6セーブ目

9回を抑えガッツポーズする東北楽天の松井

 九回無死満塁のピンチで、東北楽天の松井が後続を断ち昨季を上回る6セーブ目を挙げた。松井は「石橋さんをカバーできてよかった」と語った。
 4点をリードして迎えたこの回、石橋が四球と連打で無死満塁とし降板。マウンドに上がった松井は外崎(富士大出)に中前打を許し1点を失った。だが、続く山川(富士大出)を低めのボール球のスライダーを振らせて空振り三振を奪うと、森もスライダーで2者連続の空振り三振。最後は中村を遊ゴロに打ち取った。
 松井は「(山川は)直球狙いだと思っていた。勝てて良かった」と息をついた。平石監督は「信頼している守護神です」と好セーブをたたえた。


2019年04月18日木曜日


先頭に戻る