岩手のニュース

<中尊寺>御朱印、改元祝う桜色に 30日から限定頒布

令和(右)と平成の限定御朱印

 岩手県平泉町の中尊寺が改元記念の限定御朱印を作った。「平成31年4月30日」と「令和元年5月1日」の2種類の日付を記し、30日から本堂の朱印所で配る。先着順で印代は1枚500円。
 一関市東山町の東山(とうざん)和紙を使用し、縦約16センチ、横約11センチ。令和の御朱印は慶祝の思いを込めて薄く桜色に染めた。中央に金色で釈迦(しゃか)を意味する梵字(ぼんじ)の御印が押してある。山田俊和貫主が揮毫(きごう)した。
 30日限定の平成の御朱印は300枚。令和は5月1日以降、1000枚を頒布する。


関連ページ: 岩手 社会

2019年04月18日木曜日


先頭に戻る