宮城のニュース

震災の伝承推進を 学都仙台コンソーシアムなど4団体、東北整備局などに提言

震災伝承の緊急提言について説明する(左から)今村氏と平川氏、高田氏

 宮城県内の大学や短大でつくる学都仙台コンソーシアムや東北大災害科学国際研究所など4団体は18日、東北地方整備局などで組織する東日本大震災の伝承ネットワーク協議会に、産学官民の連携を推進するように緊急提言した。
 4団体は、協議会が「3.11伝承ロード」として取り組む震災遺構などのネットワーク化を「防災力向上に非常に効果的」と評価。震災時のノウハウ蓄積と防災力向上のため、「持続性のある体制」を求めた。
 コンソーシアム会長の平川新・宮城学院女子大学長と災害研の今村文彦所長が整備局を訪れ、協議会の会長を務める高田昌行局長に提言書を手渡した。
 平川氏は「幅広い団体と連携し、震災の経験と教訓を世界や後世に伝えていかなければならない。『学』の立場を超えた組織に積極的に関わっていく意志を提言に込めた」と語った。
 他2団体は自然災害研究協議会東北地区部会と日本自然災害学会東北支部。


2019年04月19日金曜日


先頭に戻る