宮城のニュース

産学官の連携を東北大教授訴え 仙台で経営者向けのセミナー

ものづくりの楽しさなどを語る堀切川氏

 三菱UFJ信託銀行は17日、経営者向けのセミナーを仙台市青葉区のホテルで開いた。東北大大学院工学研究科の堀切川一男教授が講演し、産学官連携による商品開発の楽しさと重要性を訴えた。
 堀切川氏は「ご用聞き型企業訪問」と名付けた独自スタイルで中小企業と共同開発を重ね、170以上の新商品を世に送り出したエピソードを披露。「課題解決のアイデアを提案し、チャレンジを繰り返してきた」と胸を張った。
 さらに、「魅力ある新商品を作る元気な中小企業がたくさん集まれば、雇用も生まれ魅力ある地域になる。中小企業同士の受発注を増やし、大企業の下請けから『横請け』の産業構造に変わっていかなければならない」と力を込めた。


関連ページ: 宮城 経済

2019年04月19日金曜日


先頭に戻る