宮城のニュース

<鐘崎>「伊達揚げ」に水産庁長官賞 仙台の定番土産目指す

水産庁長官賞を受賞した伊達揚げ

 鐘崎(仙台市)が製造、販売する揚げかまぼこ「伊達揚げ」が、3月にあった全国蒲鉾品評会で水産庁長官賞を受賞した。仙台藩の伊達家のみそ蔵「御塩噌蔵(ごえんそぐら)」に代々伝わる製法で作られた「ごえんそ味噌(みそ)」を使用。試行錯誤を重ね、みそとすり身の風味をバランス良く仕上げた。
 2018年4月発売。アーティストのフィリップ・ワイズベッカー氏によるパッケージは、藩祖伊達政宗のかぶとをデザインし、県外や海外からの観光客に親しまれる定番土産を目指した。
 おすすめは「オーブンであぶって辛口の日本酒と一緒に」と担当の渡辺志織さん(31)。温めることでみその風味が強まるという。
 各店舗や通信販売で購入できる。1枚172円、6枚入り1080円など。


関連ページ: 宮城 経済

2019年04月20日土曜日


先頭に戻る