宮城のニュース

<震災不明者>切手のDNAで身元判明 宮城県警公開の似顔絵が端緒に

身元判明の端緒となった平塚さんの似顔絵

 宮城県警は19日、東日本大震災の津波で流され、石巻市泊浜で見つかった遺体が女川町女川浜の平塚真澄さん=当時(60)=と判明したと発表した。県警が公開している身元不明犠牲者の似顔絵が情報提供の端緒となり、平塚さんが10年前に親族に宛てた手紙に貼った切手から採取したDNA資料が身元判明の決め手になったという。
**
 県警によると3月16日、似顔絵を見た平塚さんの親族から「口元とあごの線が(平塚さんの)異母弟に似ている」と連絡があった。八戸市に住む異母弟から事情を聴くと、平塚さんから届いた複数の手紙を持っていることが分かった。
 このうち、2009年5月18日女川郵便局消印のある切手の添付面の唾液からDNA型を検出。鑑定の結果、遺体から採ったDNA型と一致した。
 平塚さんの遺体は震災から約1カ月後の11年4月9日、泊浜漁港防波堤近くの海上で見つかった。親族が同月4日に行方不明届を出していたが、身元を特定できずにいた。
 県警は24日、平塚さんの親族に遺骨を引き渡す。捜査1課の菅原信一検視官は「10年前に貼った切手が決め手になるとは思わなかった。少しの手掛かりが身元判明につながる場合もある。引き続き情報提供に協力してほしい」と話す。
 県警によると、平塚さんの身元判明により、県内で発見され身元が分からない遺体は9体となった。


2019年04月20日土曜日


先頭に戻る