広域のニュース

五輪相、被災3県訪問 桜田前大臣の失言陳謝

桜田前大臣の失言について村井知事(左)に陳謝する鈴木五輪相

 鈴木俊一五輪相は19日、東日本大震災で被災した宮城、岩手、福島の3県を訪問し、桜田義孝前五輪相の復興を軽視する発言について各知事に陳謝した。復興五輪の理念実現に向け、信頼回復に全力を挙げる考えを示した。
 宮城県庁で村井嘉浩知事と面会した鈴木氏は「皆さんの努力や復興五輪への機運に水を差した」と謝罪。「私は被災地出身だ。最大限の努力をする。協力してほしい」と呼び掛けた。
 岩手の達増拓也知事、福島の内堀雅雄知事にも頭を下げ、2020年東京五輪・パラリンピックへの協力を訴えた。
 村井知事は「国の責任者が気の緩みから発した言葉で傷つく人がいることを理解してほしい」と注文。達増知事は「復興を信じ、準備に取り組んできた県民の思いが実を結ぶよう尽力してほしい」と要望し、内堀知事は「鈴木氏は同じ東北出身。大会成功に向けて前進したい」と応じた。
 鈴木氏は3県知事と面談後、岩手県庁で取材に応じ「国と県が車の両輪となり、五輪を実のあるものにしたい。各県の知事も協力に応じてもらえた。新たな気持ちで再スタートしたい」と述べた。


2019年04月20日土曜日


先頭に戻る