広域のニュース

<統一選東北>大館、上山市長選など後半戦あす投票

 第19回統一地方選の後半戦は21日、市町村長選と市町村議選が投開票される。東北では秋田県大館、山形県上山の両市長選と11市議選、6町村長選と25町村議選の投票があり、即日開票される。(14面に関連記事)
 大館市長選に立候補しているのはともに無所属で、新人の元会社役員麓幸子氏(57)と、再選を目指す現職の福原淳嗣氏(51)。
 麓氏は女性や高齢者ら、全ての人が輝ける市政の実現を訴える。福原氏は観光振興策の成果を強調し、市のにぎわいにつなげると主張する。13日現在の有権者は6万3211人。
 上山市長選はともに無所属で、新人の会社役員柴田悦夫氏(67)と、4選を期す現職横戸長兵衛氏(72)が舌戦を繰り広げる。
 柴田氏は温泉熱活用の果樹農業振興、市のPR強化を公約に掲げる。横戸氏は東北中央自動車道を生かした産業振興の実現を訴える。13日現在の有権者は2万6576人。
 町村長選は、秋田県上小阿仁村が現職、元村長、新人の三つどもえ。残る5町村は一騎打ちで、青森県板柳町、宮城県大衡村、山形県大蔵村、福島県三島町は現職と新人が、福島県矢祭町は新人同士が競う。
 11市議選の県別内訳は青森3、秋田2、山形5、福島1。総定数266を313人で争う。25町村議選は青森14、岩手2、秋田1、山形7、福島1で、総定数293を巡り、353人がしのぎを削る。
 全国では、東北を含め、無投票となった選挙区を除く59市長選、283市議選、66町村長選、282町村議選が投開票される。東京特別区は無投票がなく、告示された11区長選、20区議選が全て投開票される。

 ◇大館市長選立候補者
麓  幸子57元会社役員  無新
福原 淳嗣51市長     無現
(自・公推)

 ◇上山市長選立候補者
柴田 悦夫67会社役員   無新
横戸長兵衛72市長     無現
(自・公推)


関連ページ: 広域 政治・行政

2019年04月20日土曜日


先頭に戻る