宮城のニュース

<宮城・市町村予算>利府町/文化複合施設を着工

 一般会計は128億4000万円で、前年度当初比11.0%増。復興事業が順調に進み、須賀と浜田両地区の水門などを遠隔操作する施設整備だけになった。一方、図書館、小ホール、公民館が入る文化複合施設の第1期施設建設が始まり、増額の要因になった。
 町内にある県総合運動公園(グランディ21)が来年の東京五輪のサッカー会場となり、PRの横断幕設置やイベントを実施。JR利府駅の駅前広場の歩道を広げ、バス発着場を増設して利便性を上げる。ふるさと納税増額を目指し、「一日町長体験」を盛り込んだ。
 歳入は町税が0.5%増の45億2857万円。文化複合施設建設などで町債が46.3%増の17億4350万円となった。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年04月21日日曜日


先頭に戻る