宮城のニュース

特殊詐欺被害相次ぐ「医療費の還付金がある。銀行口座を教えて」

 仙台市内で18、19の両日、還付金名目の特殊詐欺被害が相次いだ。仙台北署によると、18日午後4時ごろ、青葉区の無職女性(88)方に市職員を名乗る男から「医療費の還付金がある。銀行口座を教えて」と電話があった。翌19日に行員を装う男から電話があり、暗証番号を伝えた後、自宅を訪れた女にキャッシュカード1枚を渡すと、現金185万円を引き出され、だまし取られた。仙台東署によると、19日午後1時半ごろ、宮城野区の無職女性(88)方にも同様の電話があり、キャッシュカード1枚をだまし取られた上、現金100万円が引き出された。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月21日日曜日


先頭に戻る