宮城のニュース

村井嘉浩宮城県知事 定例記者会見 4/22

記者の質問に答える村井知事=午後0時10分ごろ

 22日の村井嘉浩宮城県知事の記者会見での主なやりとりは以下の通り。
 Q 改元に備えたシステム改修の進み具合は。
 A 順調に進んでいる。ただ大量に印刷する通知書はトラブルを避けるため「平成31年度」とするものがある。自動車税納税通知書で、納付期限などの日付は令和、会計年度は平成で表記している。混在するが、ミスではないので、理解してもらいたい。
 Q フランス・ノートルダム寺院(大聖堂)の火災への受け止めは。
 A パリを象徴する建物で人類の大きな遺産だ。私も訪問したことがある。屋根が喪失したことは大きな問題。一日も早く元の姿に戻るよう祈っている。
 Q 平成最後の記者会見になった。
 A 平成のおおよそ半分を知事として務めた。岩手・宮城内陸地震、東日本大震災、リーマン・ショックなど非常に大変な14年間だった。令和は明るい時代になってほしい。必ずそうするという思いを持っている。


2019年04月22日月曜日


先頭に戻る