宮城のニュース

陸前谷地−古川間で枕木から発煙 JR陸羽東線遅れ

 22日午前7時35分ごろ、宮城県大崎市古川李埣のJR陸羽東線陸前谷地−古川間で、枕木から煙が上がっているのを走行中の上り普通列車の運転士が発見した。消火と設備確認のため約1時間、運転を見合わせた。上下3本が最大約55分遅れ、乗客350人に影響が出た。JR東日本仙台支社が原因を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月22日月曜日


先頭に戻る