宮城のニュース

<いぎなり仙台>学食さ行ぐべ![1]「貧食」のカレーを再現/東北大「キッチンテラス クルール」

昼時は大勢の学生で混み合う。「ぼっち席」と呼ばれる立ち席も人気だ

 仙台市青葉区の東北大川内北キャンパスの一角に、ガラス張りのしゃれた建物が立つ。ドアを開けると、スパイシーな香りが店内に漂う。学生が黙々と食べるのは、カレーばかりだ。
 「キッチンテラス クルール」は東北大に数ある食堂の一つ。安値でカレーを提供し「貧食(ひんしょく)(貧民食堂の略)」の愛称で親しまれ、2008年7月に閉店した川内第2食堂の後継として10年1月にオープンした。
 1日に出すカレーはなんと約1000食。1回で50人分を調理できる大釜二つで何度も煮込み、売り切れることはない。定番の「自家製カレー(中)」(324円)は、貧食の「普通カレー」と同じルーを使い、かつての味を再現した。
 「貧食のように、ぱっと食事を済ませたいとの声が多かった」。東北大生協食堂部の宮崎研次長がクルール誕生の背景を明かす。「周りを気にせず1人で食べたい」との要望を受け、17年10月には「ぼっち席」と呼ばれる立ち席も設けた。
 友人とよく利用するという法学部1年の清水文塔(もと)さん(18)は「肉や野菜が大きくてうれしい。単位を取るのに勉強が忙しいけど、ここでカレーを食べて頑張る」と笑顔で話す。
 席が空き始めたのを見計らい、記者もボリューム満点の「自家製ヒレカツカレー(大)」(583円)を注文。記者の在学中と変わらぬ味だった。青春の思い出に浸ったのもつかの間、その後の取材で胃がもたれ、卒業後10年で若さを失いつつあると痛感した。
(報道部・鈴木悠太)

 仙台圏の名所や話題を取り上げるシリーズ「いぎなり仙台」第2弾は「学食」。一般の利用も可能な大学の食堂を紹介します。

[キッチンテラス クルール]仙台市青葉区川内41。カレーは200〜500円台。丼やイスラム教徒向け「ハラル」対応のメニューもある。平日午前8時〜午後3時、土曜午前11時〜午後2時半。日曜定休。連絡先は東北大生協食堂本部022(216)2162。


2019年04月22日月曜日


先頭に戻る