宮城のニュース

<宮城・市町村予算>大衡村/インフラ経費増える

 一般会計は44億7000万円と前年度当初比7.2%増。21日に投開票された村長選を視野に入れ、新たな大規模投資を見送ったが、継続事業のインフラ経費などが増えた。
 村道大瓜南側線、尾西中山線などの道路改良舗装に計4億5632万円、万葉クリエートパークの遊具更新には1億円を計上。衡中北集会所の建設には8573万円を盛り込んだ。
 本年度始めた学校給食費無料化の経費に約2400万円を充てた。ハザードマップ作成に329万円、村内で9月に開かれる県総合防災訓練に736万円を配分、防災意識向上を図る。
 歳入は村税が7.7%減の13億5158万円、地方交付税は1.8%減の5億5600万円を見込む。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年04月23日火曜日


先頭に戻る