広域のニュース

<平成・東北の物故者>(1)政治・経済/鈴木善幸さん・大槻文平さん

鈴木善幸さん
大槻文平さん

◎自民党内融和に尽力 元首相・鈴木善幸さん/労使協調路線を提唱 元日経連会長・大槻文平さん

 約30年の平成の間に、東北ゆかりの人々が惜しまれつつ旅立った。政治・経済、学術・文化、芸能、スポーツの各分野で活躍した故人を振り返る。(年齢の次は死亡年、出身地)=4回続き
 元首相鈴木善幸さん(93)=2004(平成16)年、岩手県山田町=は1980年の就任。在任中は「和の政治」を掲げ、「40日抗争」で亀裂が生じた自民党内の融和に尽力した。
 自民党幹事長などを歴任した加藤紘一さん(77)=16年、鶴岡市=は「総理に一番近い男」と呼ばれた。
 旧社会党副委員長北山愛郎さん(96)=02年、花巻市=、旧民主党副代表岡崎トミ子さん(73)=17年、福島市=ら革新側も大物が鬼籍に入った。
 閣僚経験者では蔵相などを歴任した三塚博さん(76)=04年、宮城県美里町=、元法相遠藤要さん(94)=10年、白石市=ら。元衆院議長伊藤宗一郎さん(77)=01年、宮城県加美町=は日韓議員連盟会長も務めた。
 経済界では元日経連会長大槻文平さん(88)=1992(平成4)年、宮城県丸森町=は労使協調路線を打ち出し、労働者側と幅広く意見交換した。河北新報社社主、元社長、東北放送元社長の一力一夫さん(88)=2014年、仙台市=は仙台市名誉市民。カメイ最高顧問で亀井記念財団理事長の亀井文蔵さん(86)=11年、塩釜市=は、亀井商店(現カメイ)の第3代社長として東証1部上場を果たした。


関連ページ: 広域 社会

2019年04月23日火曜日


先頭に戻る