宮城のニュース

<仙台・折立中自殺2年>仙台市長「報告書早期提出を」

 郡和子仙台市長は23日の定例記者会見で、青葉区の折立中2年の男子生徒=当時(13)=が教諭から体罰を受けた上、いじめを訴えて自殺して26日で丸2年となることに関し「(市教委の)第三者機関の調査が最終段階と聞いている。早期に報告書が提出されることを期待したい」と語った。
 第三者機関の市いじめ問題専門委員会の委員長が、「市教委の対応は不十分だった」との見解を示したことには「詳細を聞いておらず何も言えない。(いじめを苦にした自殺が)二度とないよう取り組んでいくのみ」と述べるにとどめた。
 神戸市バスの死傷事故を受け、仙台市交通局が市内のバス営業所に対し、安全運転の徹底を求める文書を配布したと明らかにした。「公営交通の責任の重さを第一に考え、取り組んでもらいたい」と要望した。
 改元に伴う10連休の休日保育に申し込みが殺到し、100人以上のキャンセル待ちになっているとして、「(10連休まで)残された日数は少ないが、利用を希望する人たちに対応できるようにしたい」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年04月24日水曜日


先頭に戻る