宮城のニュース

<宮城・市町村予算>涌谷町/非常事態で事業費減

 一般会計は前年度当初比6.6%減の66億6459万円。今年1月の「財政非常事態」宣言を受け、事業費は縮小傾向となった。
 町国保病院の対策費は2億4400万円。2018年度までの建設費負担の一部が終了したため、5937万円減額した。
 新規事業では、涌谷一小の校庭に新設し、20年4月の運用開始を目指す児童受け入れ施設の建設費に1億7632万円。JR涌谷駅前に木造の宿泊施設を整備する空き家対策支援に2050万円を計上した。
 玄米食専用品種「金のいぶき」の地域ブランド促進に348万円を充てた。
 歳入は町税が2.1%増の14億9559万円、地方交付税は9.1%減の25億9000万円。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年04月24日水曜日


先頭に戻る