宮城のニュース

<宮城・市町村予算>加美町/学力向上へ職員配置

 一般会計は前年度比1.0%減の132億円。地方交付税の減少が続き、経常収支比率が91.4%に上るなど財政の硬直化が進む。
 2020年東京パラリンピックのチリ選手団の事前合宿受け入れなどに備え、中新田B&G海洋センターや陶芸の里スポーツ公園、やくらいコテージの改修を進める。
 汚染牧草のすき込み処理などには1億3858万円を計上。課題となっている小中学生の学力向上に向けて指導主事を配置し、学校教育の改善を図る。
 歳入は町税が0.6%増の25億535万円、地方交付税は1.0%増の52億5000万円。本年度末の町債残高は、前年度末比2.7%減の137億8866万円を見込む。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年04月24日水曜日


先頭に戻る