宮城のニュース

<楽天>森原、緊急登板にも動じず

森原康平

 東北楽天の森原が七回無死一塁、左ふくらはぎをつった先発辛島に代わり緊急登板し無得点に抑えた。「軽めに準備していたが、急に行くぞと言われた。(ストライク)ゾーンで勝負できた」と納得の表情を浮かべた。
 1ボール1ストライクから引き継いだ王柏融を148キロの直球で空振り三振。続く横尾も決め球のフォークボールで空振り三振を奪った。渡辺は150キロの直球で中飛と危なげなかった。
 伊藤投手チーフコーチは「森原がびしっと抑え、相手に流れを渡さなかった。うちは厚いね」と自慢の中継ぎ陣を誇らしげだった。


2019年04月24日水曜日


先頭に戻る