宮城のニュース

<大型連休>仙台市が困窮者支援

◎夕食提供「大人食堂」

 大型連休中に日当が途絶えがちになる非正規就業者を支援しようと、雇用問題に取り組むNPO法人POSSE(ポッセ)仙台支部などは5月1、4の両日、夕食の提供や生活相談に無料で応じる「大人食堂」を仙台市青葉区のエル・パーク仙台で初めて開く。
 会場で定食を用意するほか、生活困窮者向けにカップラーメンなど数日分の非常食を用意。相談窓口を設け、弁護士や専門スタッフらが賃金不払いなどの相談に個別に応じる。
 同支部の森進生代表は「全国で子ども食堂が盛り上がる一方、働いているのに困窮する大人への支援は十分ではない。今回の取り組みを通じ、何かしらの改善につなげたい」と話す。
 1日午後6〜8時、4日午後5〜7時。連絡先は共催の仙台けやきユニオン022(796)3894。電話対応時間は平日午後5〜9時、土日午後1〜5時。水曜は休み。

◎DV対応 臨時窓口

 生活困窮者の自立支援に取り組む一般社団法人パーソナルサポートセンター(仙台市青葉区)は、27日〜5月6日の大型連休期間中、暴力被害など緊急性の高い問題に対応する臨時相談窓口を開設する。
 大型連休中に行政機関の相談窓口が閉まるため、県内全域から相談を受け付ける。ドメスティックバイオレンス(DV)の被害や路上生活者などの相談に優先的に応じる。
 センターが通常行っている失業や引きこもりなどに伴う就業支援は、5月7日から再開する。
 相談窓口は午前9時〜午後6時、仙台市青葉区二日町にあるセンター事務所に開設する。窓口を訪れる場合は事前の電話連絡が必要で、午後5時まで受け付ける。連絡先は022(395)8865。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年04月25日木曜日


先頭に戻る