宮城のニュース

「かわまちてらす閖上」名取にグランドオープン

名取川の堤防沿いに建てられた商業施設「かわまちてらす閖上」=25日午後、宮城県名取市閖上

 東日本大震災の津波被害を受けた宮城県名取市閖上地区で、商業施設「かわまちてらす閖上」が25日、グランドオープンした。市内外の23事業者が飲食や物販・水産加工品販売など27店舗を出店する計画で、当初は23店舗でスタートした。復興が進む閖上地区でにぎわいづくりの拠点を目指す。
 敷地面積約4500平方メートルで、木造平屋の施設3棟などが連なる。初日は各店が野菜や水産加工品を格安で販売したり、笹かまぼこなどを振る舞ったりして、大勢の来客でにぎわった。
 年中無休。5月6日までゆりあげ港朝市駐車場からシャトルバスを随時運行する。


関連ページ: 宮城 経済

2019年04月25日木曜日


先頭に戻る