宮城のニュース

買い物と交流の場に 複合商業施設「ブランチ仙台」フルオープン

買い物客が休憩できる中央広場を設けたブランチ仙台

 大和ハウスグループの大和リース(大阪市)は25日、仙台市泉区長命ケ丘2丁目に複合商業施設「ブランチ仙台」の西側施設を開業した。先行開業した東側施設と合わせてフルオープンとなる。
 西側施設は鉄骨2階で、延べ床面積は1万6130平方メートル。しゃぶしゃぶ食べ放題店、カフェ併設型の書店、フィットネスクラブなど20店が連なる。地域活動を支援する交流スペース「まちスポ」も入った。
 みやぎ生協(仙台市)など5店が入る東側施設には5月、託児所機能付きオフィス「ママスクエア」が東北で初めて出店する。


関連ページ: 宮城 経済

2019年04月25日木曜日


先頭に戻る