宮城のニュース

泉・男性殺害7年で情報提供求める 県警、仙台でチラシ配布

チラシを配り情報提供を呼び掛ける泉署員(右)

 仙台市泉区の仙台徳洲会病院駐車場の軽乗用車内で2012年4月、太白区東中田1丁目の無職武田忠さん=当時(60)=の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件から7年を迎えた24日、泉署などは市地下鉄泉中央駅とJR南仙台駅で、情報提供を求めるチラシを配った。
 泉署員や県警捜査1課の捜査員らが、武田さんの顔写真などを印刷したチラシ約500枚を配布。通行人に情報提供を呼び掛けた。
 県警はこれまでに延べ約3万4000人を動員して捜査し、約50件の情報が寄せられたが、昨年は2件の提供にとどまったという。
 泉署の佐藤宏幸刑事1課長は「事件の風化が懸念されるが、遺族のためにも一日も早い解決に努めたい」と話した。連絡先は泉署捜査本部022(375)7171。
 


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月25日木曜日


先頭に戻る