宮城のニュース

河北美術展、仙台で開幕 才気あふれる力作並ぶ

開幕直後から多くの美術ファンが詰めかけた河北美術展の会場=25日午前10時30分ごろ、仙台市青葉区の藤崎

 第82回河北美術展(河北新報社、河北文化事業団主催、特別協賛日本航空)が25日、仙台市青葉区の藤崎と宮城野区のTFUギャラリーミニモリで始まった。才気あふれる力作が会場に並び、訪れた多くの市民らを魅了した。
 日本画、洋画、彫刻3部門の応募作品計790点から選ばれた入賞36点、賞候補13点、入選386点と、審査員、参与、顧問、招待作家による特別展示65点を加えた計500点を展示する。
 藤崎で行われた開場式で、一力雅彦河北新報社社長が「東日本大震災から8年が経過した。心の復興には文化芸術の役割が極めて大きい。多くの皆さんに見ていただき、心豊かなひとときを過ごしてもらいたい」とあいさつした。
 開場直後から多くの美術ファンが訪れた。青葉区の無職小笠原正樹さん(73)は「自然を描いた絵が好きで、毎回見に来ている。入賞作品は家に飾りたいくらい素晴らしい」と感心していた。
 5月7日まで。午前10時〜午後7時半。最終日は午後5時まで。会期中は無休。入場料は一般・大学生800円、高校生300円、中学生以下無料。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月25日木曜日


先頭に戻る