宮城のニュース

<楽天>島内先制弾「直球狙っていた」

島内宏明

 東北楽天の島内が一回、ロドリゲスから右中間に先制の2号2ランを放った。平石監督は「初回にいい形で点を取ってくれた」と4番の一発をたたえた。
 「本塁打は狙っていないが、直球は狙っていた」。初球の152キロの直球でタイミングを計り、2球目の同じ内角球を力負けせずに打ち返した。
 この試合が終わって打率2割9分と3割が近づいてきた。「打率より出塁率の方が大事。4割を維持していきたい」と強調した。


2019年04月25日木曜日


先頭に戻る