福島のニュース

国保判定ミス 福島・田村市

 福島県田村市は24日、後期高齢者医療と70〜74歳の国民健康保険で、医療機関窓口での自己負担割合が本来は3割なのに、誤って1〜2割と判定していたケースがあったと発表した。記録が残る過去5年間で延べ42世帯58件に上る。
 いずれも畜産農家の世帯主。肉用牛売却による所得額の取り扱いを誤った。市は自己負担分の差額の納付を求める方針。記載ミスがあった被保険者証と高齢受給者証の本年度交付の15世帯分は既に返却を受け、再交付した。


関連ページ: 福島 社会

2019年04月25日木曜日


先頭に戻る