宮城のニュース

寒っ 仙台午前10時で6.1度 前日から一転しみる気温差

傘を差して定禅寺通を行き交う通行人。新緑が水たまりに反射していた=26日午前9時55分ごろ、仙台市青葉区

 上空に流れ込んだ寒気と低気圧の影響で、宮城県内は26日、各地で雨が降り、コートが必要な寒さに戻った。
 仙台管区気象台によると、仙台の最低気温は午前10時の6.1度。平年並みだが、25日に6月中旬並みの22度まで気温が上がったこともあり、いっそう寒さが身にしみた。仙台市青葉区の定禅寺通では、新緑のケヤキが水たまりに映し出され、絵画のような雰囲気を醸し出していた。
 各地の最低気温は栗原市駒ノ湯3.0度、仙台市新川4.4度、大崎市川渡5.0度。
 管区気象台によると、27日の県内は低気圧や寒気の影響で曇りや雨となり冷え込むが、28日は暖かさが戻る。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月26日金曜日


先頭に戻る