宮城のニュース

<楽天>延長サヨナラ負け 日本ハムに5−6

 東北楽天は延長戦でサヨナラ負けを喫した。5−5の十二回、7番手青山が決勝の適時打を許した。今季初登板の先発古川は6回1失点と好投した。2番手宋家豪は1回3失点、3番手ハーマンも1回1失点と救援陣が踏ん張れなかった。
 打線は2−4の八回、代打藤田の右越え2ランで追い付き、田中の適時三塁打で一時勝ち越した。
 日本ハムは打線が粘りを見せて2連勝。

 日本ハム−東北楽天6回戦(東北楽天4勝2敗、18時00分、札幌ドーム、18,523人)
東北楽天000100130000 =5
日本ハム000001310001×=6
(延長12回)
▽勝 堀9試合1勝
▽敗 青山12試合2敗
▽本塁打 大田3号(1)(古川)大田4号(1)(ハーマン)渡辺2号(3)(宋家豪)藤田1号(2)(浦野)

☆イヌワシろっかーるーむ

<足立祐一捕手(四回1死一、三塁で先制のスクイズに成功)>
 「セーフティーバントになればとも思ったが、イメージ通りに転がすことができて良かった」


2019年04月26日金曜日


先頭に戻る