広域のニュース

<東北電>3年連続減益、燃料費上昇が影響 3月期連結決算

 東北電力は25日、2019年3月期連結決算を発表した。売上高は販売電力量が堅調で8.3%増の2兆2443億円だったが、火力発電の燃料価格上昇などにより経常利益は25.7%減の657億円。14年3月期から6年連続で黒字を確保しながらも、3年連続の減益となった。(9面に関連記事)
 売上高は2年連続の増収となった。販売電力量は前期並みの851億キロワット時。うち小売りは全面自由化後の競争激化に伴う契約切り替えもあり4.3%低下したが、卸売りは首都圏の供給先や卸電力取引所への売電が好調で18.8%伸びた。
 女川原発(宮城県女川町、石巻市)と東通原発(青森県東通村)が停止する中、経常利益は渇水による水力発電の稼働減、火力発電の稼働増などで収支が100億円程度悪化した。輸入燃料の価格変動を反映させる燃料費調整制度の影響で差損が30億円程度拡大したことも収支を押し下げた。
 純利益は1.6%減の464億円。女川原発1号機の廃炉を決定したことに伴う特別損失21億4500万円を計上した。
 期末配当は前期と同じ20円で、中間と合わせた年間配当は増減なしの40円とした。連結対象子会社は52社。
 次期業績予想は、売上高が6.5%増の2兆3900億円、経常利益は11.0%増の730億円、純利益は3.2%減の450億円を見込む。配当は中間、期末ともに20円を予定する。
 記者会見した原田宏哉社長は「競争力強化やコスト削減に着実に取り組むとともに、原発の早期再稼働を目指し、経営基盤の安定化に努めたい」と述べた。


関連ページ: 広域 経済

2019年04月26日金曜日


先頭に戻る