宮城のニュース

<ベガルタ>仙台市地下鉄・全駅で応援歌 あすからホーム開催日

 仙台市交通局は、28日からサッカーJ1仙台のホーム試合開催日に市地下鉄南北線、東西線の全30駅の構内でチームの応援歌などをBGMとして放送する。
 仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で開催されるリーグ戦や天皇杯全日本選手権などの公式戦が対象で、28日のG大阪戦からスタートする。
 放送するのはクラブの公式ファンファーレ「闘志躍動」とサポーターが応援歌としている「カントリーロード」の2曲で、ともに仙台フィルハーモニー管弦楽団が演奏を担当した。午前10時〜午後8時の間の1時間に1回、今季終了まで放送される。
 放送はクラブの地域連携事業「KIZUNA(絆)未来プロジェクト」の一環として実現。市交通局は「地下鉄で観戦に訪れるお客さまの気持ちを盛り上げ、市民と一体になって応援したい」とコメントした。


2019年04月27日土曜日


先頭に戻る