宮城のニュース

これぞ「ニューかまー」 笹かまギターでロックンロール! 仙台限定発売

笹かまぼこの質感や色合いを忠実に再現した「笹かまギター」

 エレキギター界に史上初の「ニューかまー」だ。山野楽器(東京)は26日、仙台市青葉区の仙台店限定でご当地ギター「笹かまギター」を発売した。阿部蒲鉾店(仙台市)の協力で、笹かまぼこの質感や焼き目まで忠実に再現した。75万6000円。
 「笹かまのギターを作ろう」。東北を音楽の力で盛り上げたいという山野政彦社長の一声で企画は始動。スタッフは阿部蒲鉾店を訪れて笹かま作りを体験し、形や焼き加減のニュアンスを確かめた。
 構想1年で完成したギターは、ボディーをなだらかなアーチ状に仕上げ、ふっくらした質感を再現。表面をバーナーであぶって焼き目を入れ、伝統の仙台名物にふさわしい風格に仕上げた。製作にはESP(東京)も携わり、材質や部品まで本格派でそろえた。
 低カロリーな見た目によらず、音色は王道のロックギターサウンド。フロアマネージャーの望月正大さん(40)は「笹かまらしい形や色はもちろん、性能にもこだわった」とPRする。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年04月27日土曜日


先頭に戻る