宮城のニュース

<アンパンマンミュージアム>入館300万人達成記念セレモニー 仙台

アンパンマンとメロンパンナちゃんに祝福される愛桜ちゃん

 仙台市宮城野区の「仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール」の入館者が26日、300万人に達し、記念セレモニーが開かれた。
 300万人目は大館市の斎藤愛桜(みお)ちゃん(2)。両親と一緒に初めて訪れた。家族3人分の年間無料パスや縫いぐるみなどが贈られ、アンパンマン、メロンパンナちゃんとの記念撮影もあった。
 愛桜ちゃんの母(22)は「娘はアンパンマンが大好きで、今日が2歳の誕生日。最高のプレゼントになった」と話した。
 ミュージアムは2011年7月にオープン。今年、リニューアルして1、2歳児が安心して遊べる「あかちゃんまんテラス」などを新設した。鈴木あゆみ館長は「県外からの来館も増えている。スタッフの力を合わせ、より楽しい場所にしていきたい」と述べた。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年04月27日土曜日


先頭に戻る