宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>白木、古巣相手に闘志「自分が点取り勝ちたい」

浦和戦に向けた練習でクロスを足で合わせてボレーシュートを狙う白木

 浦和から今季加入した白木が古巣との一戦に挑む。「(浦和)レッズには負けたくない。自分が点を取って勝ちたい」と燃える。
 25日の練習では、両サイドからのクロスに合わせてシュートするなど、攻撃面を丁寧に確認。全体練習終了後も縦パスを受け、繰り返し打ち込んだ。
 170センチの長身とスピードを生かし、リーグ戦は3戦連続でエース浜田と2トップを務める。7日のリーグカップ伊賀戦で移籍後初ゴールを決めたが、リーグ戦では無得点。チームも開幕から4戦中3戦で得点を奪えていない。
 ストライカーとして責任を感じている。押される展開となった前節の千葉戦では、ボールを呼び込もうと「ポジションを低くしたことで、ハカ(浜田)を孤立させてしまった」と反省。浦和戦では「ポジション取りを考えながらプレーしたい」と悔しさを生かすつもりだ。
 チームメートとはよく朝カフェに行くという。「たわいもない話ばかりしてる」と新天地でしっかりなじんでいる。「仲間の特長は分かってきた。どうしても勝ち点が欲しい試合なので、まず先制点を取りたい」。新たな仲間とともに、絶好調の古巣から全力で白星を奪いに行く。(今愛理香)


2019年04月27日土曜日


先頭に戻る