宮城のニュース

<楽天>700年の伝統「綴子大太鼓」お披露目 プロ野球球場では初

 ◆…北秋田市の綴子(つづれこ)地区で、約700年前から受け継がれる「綴子大太鼓」が27日、楽天生命パーク宮城(仙台市)の「スマイルグリコパーク」でお披露目される。プロ野球の球場で使用されるのは初めて。5月26日まで本拠地戦で演奏される。
 世界一大きい太鼓としてギネス登録された「一番太鼓」よりも小さいもので、直径2.47メートル、奥行き3メートル、重さ1トン。左中間スタンドの芝生エリアに置き、一回の先頭打者が登場する時などに流れる音楽と合わせ、太鼓を打ち鳴らす。
 綴子大太鼓を初めてたたく一人は、前日の練習でリズムを刻むのに四苦八苦。「こんなに大きな太鼓は初めて。悪目立ちしないように頑張ります」と汗を流していた。


2019年04月27日土曜日


先頭に戻る