岩手のニュース

<国民民主と自由 合併>岩手両県連 評価二分 「一丸となれるのか」

 国民民主党と自由党の合併決定に、東北で唯一両党の地方組織がある岩手県では26日、国民県連と自由県連の受け止め方が真っ二つに割れた。夏の参院選岩手選挙区(改選数1)の野党統一候補を巡る協議がくすぶっており、関係者には「一丸となれるのか」との不安が広がる。
 「小異を捨てて大同につく決断は大きい」。自由県連の関根敏伸幹事長は両党合併を手放しで喜んだ。自由の小沢一郎代表(衆院岩手3区)が2012年7月に仕掛けた民主党分裂劇で県組織も二分。7年の歳月を経ての再結集となる。
 県議会では両党が統一会派を結成しており、関根氏は「積み上げてきた共闘体制をより強固なものにする好機」と息巻く。
 懸念材料は参院選岩手選挙区の野党統一候補だ。国民は合併条件に共産、自由、社民3党が推す新人横沢高徳氏(47)の差し替えを主張。合併後も協議は続く。
 野党勢力の後ろ盾となる連合岩手の八幡博文会長は「参院選まで時間がない。早急に擁立候補の結論を出してほしい」と促すが、3党県組織は「候補見直しは考えられない」と反発。国民県連の佐々木朋和幹事長は「合流の環境が整ったとは言えない」と口ごもる。
 国民には小沢氏との再合流に拒否感も根強い。国民が統一候補に推す元衆院議員で県連代表の黄川田徹氏(65)は「合流に意味を見いだせない」と消極姿勢だ。ただ、自身の立候補には「目の調子が万全でない」と不安を口にした。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2019年04月27日土曜日


先頭に戻る